HOME>ホットトピックス>正しい歯磨きを知るためにも歯科を活用しよう

目次

事前に歯磨きをしておく

食後に歯磨きをせずに川越の歯医者に行くことはマナー違反になりますので、必ずブラッシングをしておきましょう。ただ仕事の合間を見て通院する状況では歯磨きは難しいので、口をぬるま湯で何度かゆすいでください。歯磨きは歯垢の付着を抑える、口臭を軽減する、虫歯・歯周病のリスクを軽減するなどのメリットがあります。歯磨きの仕方が間違っていると歯垢がつきやすくなるので、ブラッシング指導をしている川越の歯医者を活用しましょう。口腔環境により最適な歯ブラシ、磨き方などは異なってくるため、個別に指導を受ける必要があるのです。

治療は自己判断でやめないこと

虫歯で川越の歯医者に何度か通ったら、痛みが引いたので通院を自己判断でやめたという人がいます。痛みがなくなれば治ったと認識する人が多いですが、深部の細菌まで徹底して殺菌するには相応の期間がかかります。保険診療の場合は1日で完了することが困難であり、やむを得なく処置回数が増えるという場合があるのです。虫歯が再発する原因として多いのは、完治する前に治療を中止することで、結果的に何度も歯科通いをする必要性が出てきます。川越の歯医者を活用するときは、歯科医師から完了を告げられるまで通い続けてください。

広告募集中